名古屋の美容外科・美容整形で美しい私に変身

美形

クイック法と目頭切開法

名古屋の美容外科・美容整形で人気の高い治療を貴女はご存知でしょうか?
名古屋の美容外科・美容整形に問わず、全国的に美容外科・美容整形で人気の高い治療こそ二重まぶたの形成です。
日本において二重は、美人であるための前提といったような位置づけにあります。とはいえ、日本人の大半は一重まぶたの持ち主です。二重まぶた=美人といった位置づけにあるため、一重まぶたの方の多くが自分の美しさに自信を持てない状態にあるようです。
そんな方が自分の美しさに自信を持てるようになるには、二重まぶた形成を行うのが一番といえます。 名古屋の美容外科・美容整形では、なりたい目になるための二重まぶた形成治療が豊富に展開されています。
一概に目を一重から二重にするといっても、様々な方法があるのです。 まず、名古屋の美容外科・美容整形で人気の高い二重まぶた形成治療として、クイック法があげられます。クイック法は別名埋没法ともいわれており、特殊な糸をまぶたの中に埋め込んで二重を形成するものです。
メスを使わないため、切らずに二重まぶたを形成することができます。更に、施術時間もたった10分程度と非常に短時間。難儀なアフターケアもないので、気軽に二重まぶたを形成できるのです。
そして、嬉しいのは低価格な点です。メスを使わずにできる治療のため、名古屋の美容外科・美容整形の中では料金が比較的安価です。
美容外科・美容整形=高級というイメージを持たれやすいですが、クイック法による二重まぶたの形成は、1万円から3万円程度の価格で行うことができます。ファッション費や飲み代などを節約すれば、気軽に貯めることのできる価格といえます。

ただし、クイック法は、全ての方に共通して行える治療ではありません。中には、クイック法での二重まぶた形成が困難な方もいるのです。
クイック法による二重まぶた形成が出来ない方の特徴としては、まぶたが分厚い、目の力が弱い方です。まぶたが分厚い方の場合、クイック法で使用する糸が上手くまぶたに食い込みません。
そして、目の力が弱い方の場合、クイック法の糸を留める筋肉に負担が掛かってしまうことになります。
よって、まぶたの分厚い方、目の力が弱い方は、クイック法による二重まぶた形成の治療を受けることができないのです。

「じゃあ、まぶたが分厚い人、目の力が弱い人が二重を形成するには、一体どうしたら良いの?」
まぶたが分厚い方、目の力が弱い方にオススメの二重まぶた形成には、目頭切開法がオススメです。
目頭切開法は、目頭部分の皮膚を切断し、目の幅を広げて二重を形成する方法です。
蒙古ひだを切開するので、内側の目が大きくなります。よって、目と目が離れている方は、両目の距離を近づけることができます。
ただし、目頭切開法には、手術が必要となります。そのため、クイック法のように気軽に行える治療ではありませんが、治療後、劇的に目の印象が変わることだけは間違いありません。
「理想の二重にしたい!」「二重にするだけじゃなくて、目も大きくしたい」「離れている目を近づけたい」 このようなお悩みを持った方には、目頭切開法は大変オススメです。

また、二重まぶた形成の方法の中には、クイック法と目頭切開法を掛けあわせた方法もあります。
この方法には、目の大きさを変ることができる、理想の幅の二重を形成することができるといったメリットがあります。
クイック法、目頭切開法を単独で行うよりも手間は発生してしまいますが、理想の目を手に入れるための方法としては、最も効果的です。
なお、この方法に目尻切開法(目頭切開法とは逆に、目尻部分を切開する方法)を掛けあわせれば、より目を大きくすることが可能です。

名古屋の美容外科・美容整形で展開されている目の整形治療を受けて、自分が理想とするデカ目を実現しましょう。